年収1億円 投資方法

たったの30分の一日の仕事で年収1億円

自宅でたった一人だけで稼ぐ!年収1億円の株式投資

 

幸せなお金持ちへの旅は、誰しも憧れです。

 

FXトレーダー中尾貴廣さんも紹介している神王リョウさん。
23歳で株で億万長者になりました。
(2013年現在では30億円の資産家です。)

 

 

 

神王さんはテレビとかも出演していますが、
今は33歳になっていて見た目よりも若く見えます。
年収1億円の投資方法が、今では年収2億円のものに改良され続けています。

 

メインの仕事は投資家、トレーダーだけど

 

アフリエイトから始まり、投資家として若くして成功した神王さんですが、
現在は会社を経営していてその数は7社になります。
その他にも、出資者として取締役として参加している会社が8社あります。

 

他にも、ベンチャー企業に出資しています。

 

これらが主な仕事だそうです。

 

その他にも趣味で音楽をやっていて
「昼は投資家、夜はミュージシャン」という肩書きもあります。
音楽もプロとして活動して、スタジオに入って歌ったり、
プロデューサー的な仕事もしています。

 

株をはじめるまでは普通の大学生でした

 

バイトはしていなかったけど、アフリエイトでお小遣いを稼いでいました。
当時1998年くらいにアメリカからアフリエイトが来た時代で、
1クリック40円とか50円の時代でした。
HPにバナーを張っているだけで、アルバイトよりも稼げたのです。

 

 

最初は100万円からスタート

 

稼いだお小遣いで100万円から投資をスタートさせたそうです。
最初はビギナーズラックもあり500万円に増えました。
購入した3つの銘柄(三菱商事、武富士など)でした。
それがたまたま当たって増えました。

 

しかし、当時は知識もなく勉強もあまりしていなかったので
あっというまに資金がなくなってしまったのです。
その期間は1ヶ月〜2ヶ月。短期間の損失でした。
20歳前後の若者にとって100万円は大金で、すごいショックを受けました。

 

諦めずにもう一度スタート

 

一般の人は一度負けてしまったら、諦めてしまいます。

 

「これは勝てないなぁ。」

 

なぜ、大金の100万円を失ってもまたやろうと神王さんは考えたのでしょうか。
当時ヒットしたローバートキヨサキの本で「金持ち父さん、貧乏父さん」という本がありました。

 

 

この本に啓発されたそうです。

 

お金持ちになるには、投資をするか、不動産を買うか、ビジネスを起こすか、
この3つしかありません。

 

しかし、大学生の青年にとって不動産を買うのは抵抗があります。
ビルや家を購入するのは想像がつきません。

 

ビジネスもやり方がよくわからない、株もわからなかったのですが、
当時、金融ビックバンという橋本首相の政策がありました。

 

誰でもネットで株が変えるようになったのです。
手数料も自由化されました。

 

インターネットさえあれば気軽に投資を始められる環境がそろってきたのです。

 

それが、再び始めるきっかけでした。

 

金持ち父さん貧乏父さんの本は自己啓発の教科書

 

「最後まであきらめたらいけない」

 

という文面が目にやきついていたのです。

 

そもそもこの本の中で一番衝撃的だったことがありました。

 

「お金持ちになれるのは、お金持ちに生まれた子だけではない」

 

という事実でした。

 

年収1億円の投資方法を作り上げる前までは
一般人はお金持ちになれないだろう・・

 

という意識が刷り込まれていたそうです。

 

その点、投資、不動産、ビジネスをやれば
誰でもお金持ちになれるチャンスがあると本には書いてありました。

 

「僕も絶対お金持ちになりたい」

 

というのが最スタートの思いでした。
この原点をわすれずに投資を続けてきました。

 

お金持ちになりたいという思いは相当に強いのです。

 

普通の人が株で100万円失った後には、
もう、手を出さないでおこうと思います。

 

神王リョウさんの思いはその後の読書数で表れています。

 

失敗してから、半年で200冊の投資の本を読んで勉強したそうです。
(全て立ち読みで)

 

200冊の本は同じことを言っていた

 

本屋に並んでいる200冊の投資の本。
本当に大事なことは、どの本でも共通していました。
それが投資の本質です。著者はぜんぜん違っても
いっていることは同じだったのです。

 

みんなが共通して言っているポイントこそ
いちばん重要な点でした。

 

それを自分なりにまとめて整理をしていったら
普通に勝てるようになったそうです。

 

投資暦は13年間に及ぶがビジネスもはじめた。

 

神王さんの年齢は33歳ですが、20歳から始めたので
13年にもなりました。

 

株で儲けていたのですが、金持ち父さんの本には忠実でした。
ビジネスもやり始めたのです。

 

どんな会社を経営しているのでしょうか。
投資系の会社だけでなく、アフリエイトの知識を生かしたIT関係の会社、
また、不動産関係の会社も経営しています。

 

つまり、33歳になっても20歳のころに読んだ
金持ち父さんシリーズをバイブルとして実践していました。

 

今は投資スクールをやっていますが、
儲けることだけが目的ではありません。

 

1億円稼げていない投資家を救ってあげて
みんなで幸せになってほしいという思いでやっているそうです。