株投資 不安

本やセミナーでテクニックを学んで、
「これは使えそうだなぁ」と感じたら、
まずは実践してみることは大切です。

 

 

しっかりと自分でテストすることによって
通用する株投資テクニックなのかどうかがわかります

 

つもり売買、シュミレーションで試すこともできます。
株投資の不安を少なくして、自信がもてる王道です。

 

買ったつもりになって仕掛けしてみて
うまくいくのかどうかをテストしてみるのです。
(実際に自分の資金をつかわずにシュミレーションが
はじめはやりやすいと思います。)

 

野球でも、自分のスイングが通用するのかは、

実際のピッチャーの玉を打ってみないとわからないのと一緒です。

 

頭で考えるだけでは改善点はみつからないのです。

 

どのようにテストしてみればいいのでしょうか。

 

野球選手だったら、味方のピッチャーに玉を投げてもらったりできるように、
投資でも「テスト」とか「シュミレーション」してみるのです。

 

それを何回も何回も繰り返し実践することによって
テクニックが使えるのか、使えないのかが経験上でわかってくるのです。

 

つまり、投資に裏技はありません。

 

よく、投資の本などでこうしたら絶対に勝てる!
というのを読んだことがあります、

 

キャッチコピーで「全勝した!」など目に飛び込んできます。
裏技っぽいニュアンスがたっぷりです。

 

しかし、これはあくまでもその本を売るためのキャッチコピーです。
ついついそういう本に飛びついてしまいがちですが、
投資に裏技は存在しません。

 

かつては裏技があった時代があります。

 

インターネットができる時代の前には
投資の裏技が存在していたかもしれません。

 

これだけ情報時代が進んでしまうと
裏技はすぐにバレてしまうのです。

 

投資の裏技の情報は誰かが1回言ってしまうと
一瞬で広まってしまう時代です。

 

もしかしたら、すごい手法は残っているかもしれませんが
それを普通の人たちが手に入れることは絶対にできないのです。

 

絶対儲かる裏技はあるかもしれませんが、
自分のところには絶対に回ってこないと考えましょう。

 

だから、裏技はない!と思っていたほうが早道だし、
騙されないことにもなります。

 

投資で勝てるテクニックや手法は出尽くしているのです。

 

だからこそ、基本をしっかり学んでメンタルを鍛えることが大切です。