投資 破算

株やFX、為替・・
投資で破算するパターンは3つありました。

 

 

おのれが小さくて投資する金額が少ない。

元手が10万円しかなく、3ヶ月であっという間になくなったパターンです。
アルバイトで稼ぐなど労働収入から、自分で元手を作る必要があります。

 

感情に流されてルールどおりに損切りできなかった。

 

自分のシュミレーションどおりにいかなくて
例えばリーマンショックのような情報が入って
損切りルールを破ってしまったパターンもこれにあたります。

 

1回大損すると、「損を取り戻そう!」という意識が働きます。

 

これは感情に負けてしまったよくあるパターンです。

 

そうなってくると自分の作ったルールを破り、
ギャンブルのような投資をしてしまうのです。

 

「次取り戻そう、次取り戻そう・・」

 

やがて手元に資産がなくなることに!

 

これは自分が想定した以上の大損をしてしまうと発生しやすい失敗パターンです。

 

株で成功する人と失敗する人の違いとは

 

投資家の稼ぐレベルで違ってきます。
月収100万円の投資家と、月収3000万円の投資家でも違ってきます。

 

一番入り口のところでいうと
生半可な知識でやると失敗します。

 

例えば、ir投資スクールを1回一通りみただけで、
投資してしまうと絶対失敗します。

 

なぜなら、頭で知っているのと
実際にできるのとでは違うからです。

 

スポーツもいっしょで
いきなり試合にでてもうまくいかないのと同じです。
練習したり、チーム内で紅白戦したりして
準備をします。

 

「これでいける!」という自信をもつまでは練習するのです。

 

これが最初の失敗を防ぐための方法です。

 

はじめの成功を繰り返していくうちにでてくるのが
一発屋の成功です。

 

投資家でいうと、
ある程度ベースができてきて、自分の作ってきたシステムが
たまたま市場にマッチするとあっという間に1億円は稼げてしまうことがあります。

 

よくネットとかで
「私は1年間に何億稼ぎました」
という人がでてきます。

 

しかし、1年たつと急にいなくなってしまいます。
これがいわゆる投資家でいうと一発屋です。

 

ir投資スクールでしっかりと学んだことを実践すれば
こういったビギナーズラックにおちいることもありません。

 

投資の一発屋は1億円がもっとも多いといわれています。

 

1億円を稼いで、さらに2億、3億いくひとと
そのまま下がってしまう人の違うはメンタル面なのです。

 

投資家としての成長だけでなく、
人間自身の成長を目指しているかどうかが分かれ道になります。
いわゆる、自己啓発の分野の勉強もしっかりしているかどうかが
分かれ目になるのです。

 

1億円稼げた時点で
「これで一生食べていけるわ〜」
と人間としての成長を忘れてしまった人は、
「たまたまその時の市場の流れが自分のシステムににマッチしただけ」
なのでそのまま1億円がなくなってしまうのです。

 

なぜなら、市場のパターンが変わってしまうとうなくいかなくなるからです。

 

そこで自分のメンタルを磨くことをやっていないと
自分を過信した心のままやってしまうので
怠慢な心がでてきて、自分のたまたまあたったシステムを使い続けてしまうので
気がついたら1億円がなくなってしまっているのです。

 

しっかりと自分を磨いていれば
「何かおかしいな」
と思ったら、それを改善していくことができます。
ルールを見直してみたりして研究するのです。

 

投資家として「投資で勝ち続けるために一番必要なこと」は
「投資以外の勉強をする」ことだったのです。

 

感情をコントロールする部分と、自分の人間として器を広げるのか。

 

この部分が投資では大切と神王リョウさんは強調しています。

 

これはビジネスでも同じです。
商品を作るところだけをやっても成長しません。
営業のトークとかテクニックだけを身につけても
最終的にはその人の人間力となります。

 

もちろんはじめは、技術やテクニック、知識から入りますが、
ある程度いったらメンタルや人間力をみにつけなければなりません。

 

自分というものを成長させないと
勝ち続けることはできない仕組みになっています。

 

心理学、自己啓発の本に書いてあることです。
年間1000万円は自己啓発に使っていた時期もあったそうです。

 

自己啓発のセミナーや本はいろいろありますが、
自分にあった方法があるようでおすすめの本というものではないそうです。