損切り ポイント

損切りでもっとも重要なのは精神力です。

 

(その大前提としてしっかりとしたルールを作ることが必要ですが。)

 

最終的に損切りできるかどうかは自分次第です。
神王さんも言っていました。

 

損切りはここの価格に設定しているのに
価格が下がってきて損切りに近づいているのに
「もうちょっと待てば戻るんじゃないか」
と損切りできない人がほとんど。

 

それでも損切りを実行できるかどうかは
最終的には“自分を律する心=精神力=人間力”となります。

 

1勝9敗でも勝てるシステムが合う人もいます。

 

勝率6割でも10回連続で負けることは確立的にあります。
だからこそ経験が必要でり、テストを時間をかけて作り上げる必要があります。

 

神王さんいわく、
最近のアベノミクス相場は上げ相場で簡単すぎるので勝率は8割くらいだそうですが、
普段の相場のときの勝率は4割くらいだそうです。

 

つまり6回の負けでも4回の勝ちで、利益がでるシステムにしているということです。

 

今の時代は“逆指値”があります。
最初から“損切り”を設定できます。

 

だから“仕掛けた瞬間に損切りも入れておく”ことができます。
“損切りに気がついたときにその注文を取り消してしまう”ということも防げます。

 

メンタルが弱い人は損切りが怖いのです。

 

“損切りに立ち向かう”というのが精神面の力が必要です。